投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

彼岸の中日はペタルをこいで

イメージ
知ってる人には懐かしい記事タイトルかw



3月20日、春分の日。
祝日だからきっと家族みんなの予定は無さそうだし...
・ ・ ・ ・
甘かったw。

最後の輪

イメージ
今月をもって少年サッカークラブを卒団する次男ユウト。
彼も参加させて貰っていた都16ブロックの活動が卒団に先駆けて終了。

あの日...

イメージ
帰宅ルートに困っていたあの日、 帰宅場所そのものを失った人たちがいた。
明日の暖を担う灯油の入手に難儀していたあの日、 冷たい海にさらわれた命があった。
輪番停電の僅かな闇に不便を感じていたあの日、 生きる希望の光さえ失いかけた人々がいた。

あの日から2年。
昨年はサッカー場で大勢の子供たちと、
そして今年は職場の屋上でひとり、
この時を迎える。


黙祷。
“ほんとうの空”があるという福島へ向けて。




※各記事タイトルをクリックするとコメント欄が出ます




節目、ヒシヒシと。

イメージ
暦はいつの間にやら3月に。 つい先日が正月だと思ってたのになァ、早いもんだ。

3月は何かと節目を感じる月。 我が家でそれが最も色濃いのは小学卒業を迎える次男かな。