海を挟んだロングパス

海を挟んだ遠いドイツと8月末からバタバタやってた件がようやく落着した。


そのバタバタの件とは....コレ↓↓↓
次男とワタシが愛するドイツ・ブンデスリーガ最強チーム(2012.10.16現在)
バイエルン・ミュンヘンの欧州CLレプリカユニフォーム一式。



ドイツは本当に遠かった...
一度も行ってないんだけど(笑)


このドイツ最強軍団のユニフォームは、以前から次男ユウトと約束していたプレゼント。スイミングやらサッカーやらと日頃色々ガンバっているご褒美として。

ところがこのユニフォームを手に入れるまでが長い道のりであった...


国内で簡単に入手出来るだろう..と甘く見てたんだけど、モノ自体が輸入販売のせいもあってどの店舗も
『パンツは欠品だよ』
『シャツはXLならある』
『画像載せてるけど長期欠品中です』
...なんてところばかり。シャツ・パンツ・ストッキング全てが一度の買い物でキッチリ揃いそうには無い。

じっくり買い集めるかしか無いかなァ..と諦めていたところ、時々アクセスしているバイエルン・ミュンヘン公式サイトの存在に気がついた。
『そっか、公式サイトのFAN-SHOPで買うテがあったか!』
公式サイトならびにファンショップは日本語対応ページもある。

『しかし.. ドイツから通販で... う~む.... 』
自分が必要とする自転車部品なんかは海外通販でヒョイと買うクセに、こういう時に限って及び腰の減点オヤヂ(笑)。

しかし悩んでいたらいつまでも買えないままなので思い切って注文。応援しているチームのユニフォームを、そのチームの公式サイト内のファンショップで買うという所に大きな意味があるのだ!..と親子の鼻息は荒くw。

で、その後は..
注文から発送までとてもスムーズでとても信頼のおける方でした~云々.. とまるで某オークションのようなカンジw。まぁ発送から受け取りまでの日数はほぼ額面どおりだったけど。


そして商品が到着してからがバタバタの始まり。解り易く書いてみたぞ(笑)。


●商品到着。歓喜に満ちながら開封、試着してみるとアレレ、ストッキング以外はサイズがちょっと小さいみたい..。商品到着2週間以内であれば送料無料で交換してくれるんだっけな。
●購入したファンショップのQ&Aに書いてある内容に準じて返品交換の手配開始.. するが、記入必須の書類一式は殆どがドイツ語!困った!
●Google翻訳を駆使してドイツ語はなんとかクリア。喜び勇んでササッと梱包、そして配送業者へ持ち込む.. んだけど、どこへ持ち込むの?!。ファンショップのサイトには『DHLで配送します』と書いてあるからDHLで戻せばOK???
●DHLは国内拠点が少ない上に窓口営業時間も短い。馴染みの薄い配送業者に戸惑いながらも会社を早退してまで最寄り(..って言っても自宅からは20キロ以上離れてる)窓口へ持ち込んだ。
●『無料返送のロジックが無いからこの窓口からはドイツへ送り返せそうにも無いヨ。詳しいスタッフに後日聞いてみるからちょっと預かるね』とDHLの人。あんまり時間に余裕は無いんだけど..。
●3日ほどしてやっぱり無理だとDHLより連絡あり(汗)。時間が惜しいので高速道路使ってまで回収に行くw ちなみに、このDHL窓口から自費でドイツへ送った場合の負担額は、4万円超(!)なんだとか。絶対イヤだってばヨ。
●ファンショップ運営事務所へ“困ってますメール”を英語で出すことにした。海外経験豊富な同級生の革モノづくり職人とか、商社で海外マーケットを相手にしている親戚にも泣きつくが、ココまで来ちゃうと何だか楽しくなってきた(?w)ので父ちゃんの底力を次男に見せるべく、またもやGoogle翻訳を駆使して自力でメールを作成。同時に某知恵袋サイトにも投稿してどなたかのお知恵を期待する(笑)
●ファンショップから英文で返事キター!。返品交換に快く応じてくれるのはアリガタイんだけど、肝心な返送方法の明記が無い(T.T)。知恵袋には『郵便局へ持ち込むのがイイかも』とアドバイスが入ったので即ベストアンサーに(笑)。
●郵便窓口でこれまでの経緯を説明したが、この窓口からの無料返送もやっぱり無理。しかしココで引き下がると手元にある小包が海を渡る手段は断たれる事になりそう。無料での配送は潔く諦めてEMSにて自費発送する事に決めた。発送費用はDHLの4万円超に対して2500円程度とリーズナブル。補償内容とか所要日数の面でDHL便に劣る部分はけっこうあるみたいだけど。


そして最初のオーダーから要すること2カ月後...
ようやく満足出来るサイズでのセットアップが完了!



バタバタの2か月を経て再び届いた小包をホッとしながら開けてビックリ、なんと中身はシャツだけ。同封されてた書類を良く読むとどうやらパンツは欠品中で入荷次第発送とのこと。この時点で再び何となく胸騒ぎがしたがw、それも杞憂に終わり、シャツに遅れること1週間で無事にパンツ到着。


衣類の海外通販はやっぱりリスキーだったが、ファンショップでの購入ならではの特典があった。チームオフィシャルのブレスレット、ボールペン、ミニスカーフ、キーホルダーがオマケとして同梱されて来たのでユウトはかなりゴキゲン。しかもオヤヂからのスペシャルプレゼントとしてチームのデッカいロゴが入った財布を彼に内緒で同時にオーダーしておいたもんだから、それを見つけた時には狂喜乱舞w。


全てが揃った先週末、ユウトの本音はコレ着てボールを蹴りに行きたかったのだろうが、グッとこらえて貰って自治会運動会へ参加してもらった。目下のところ、時折鏡の前で着てみてはニヤニヤしている(笑)。


もう海外通販はコリゴリ.. と言いたいが、ユウトの“次に欲しいものリスト”にはこのチームのマフラーとビーニーが入っているらしい..
今度こそ国内でなんとか間に合わせたいところだ。



※各記事タイトルをクリックするとコメント欄が出ます





2 件のコメント

人気の投稿