マイナス15度からの~

娘と凧揚げを楽しんだその日もそろそろ暮れようかという頃、カレンダーを眺めていた妻NOZYがふとある事に気づいた。

明日、みんな空いてるみたい...。


子供も大人もみんな朝からまるっきりのノー・スケジュールなんて正月以来か。
そこで続けて彼女から提案が。

スキー、行こうか。



突発的に生まれたレジャー案だけど、3連休の締めくくりが家族でスキーなんて素敵やん...w。



..ってワケで、やって来たのはピラタス蓼科。キンキンに冷えてます。
風も強いので体感温度の低さと言ったらそりゃあもう..


当初に予定してた上越エリアは朝から天気がイマイチらしいので蓼科方面へ変更。どうせなら子供たちがまだ乗った事の無いゴンドラ(ロープウェイ)にも乗せてやろう..と考えたオヤヂがピラタスを選んだんだけど....


寒いっ!
サムイッ!
さぶい~っ!!


中央道を降りる頃に見えてた青空は茅野市街地だけの話。♪同じ市内のピラタス目指して、メルヘン街道ガンガン登れば、ズンズングイグイ雲の中、Check Yeah~!(今井メロのラップ風に読んでねw)

駐車場に降り立ってみると、雪こそ降っていないけど思わず車の中へ戻りたくなるほどの寒さ。更には肌がキレそうな冷たい風がビュービュー。やる気が完全に萎える前に早いとこリフトに乗って無理矢理にでもテンション上げないと、寒くてやってらんない。スキー場の情報ボードによると気温はマイナス15度だとか。ひえぇぇ~、冷え~っ...



とりあえず準備を済ませてリフトへ。こちらはスノボ組。
長男(左)とKOZY弟(右)。寒い中で作りモノのテンションw。



昨年やらかして以来のスノボとなる長男タイキ。
今日は何事も起きませんように!。



寒いけど、キュキュッと鳴く雪に大喜びのリホ。
晴れ間と陽射しが出て来たぞ!。



短いコースで体を慣らしたら...
ロープウェイに乗ってグイーンと行こう。



ロープウェイで上がると、山頂付近は再び曇り...。
でも、素晴らしい白銀の世界に一同は思わず息を飲む。



標高2237mの坪庭へ到着。セルフタイマーでパチリ。
手前にスノボの金具が入り込んじゃってる....惜しいっ!



履くのも滑りだすのもワンテンポ遅いスノボ組。
『先に行ってるぞ』の前に1カット、はいチーズ..と。



コチラ、すいすいスムーズ....のスキー組。
空いている林間コースを滑るのは最高。



このコース、すっごく気持ちイイ!..と上機嫌のユウト。
そうだね、最高だね。でも寒く無けりゃ、もっとイイんだけどねw。



他のスキー客を上手くやり過ごすと、貸切のような状態で楽しめる。
この先で現れる28度の傾斜を持つバーンが唯一の難所。



かなり遅れてようやくスノボ組が追い付いてきた。
山頂付近もだんだんと明るくなって来たぞ。



ロープウェイからの1本を降りたら昼食。これは長男チョイスのランチ。
鶏の半身が丸ごとドン!向こうに見えるパンとサラダ付きで1100円!



午後になると青空が広がって最高のスキー日和に。
寒さもめっきり和らぎ、リフト上で風に耐えることも無くなった。




最初は寒さで打ちひしがれそうだったけど、滑り始めてしまえばそのうちに天気も味方になって連休最後の日を楽しむ事が出来た。スキー場のチョイスは結果として良かったようで、家族みんながそれぞれ好印象を持ったようだ。オヤヂの面目は保たれたか。




※各記事タイトルをクリックするとコメント欄が出ます





コメントを投稿

人気の投稿