1/5の為の1/13...?

我が家のテレビ事情。

地デジへの移行期間中、割と早めにアンテナ立ててデジタル受信を開始。
あれからもうすぐ4年。



現在、キッチンを含めた5つの部屋にあるテレビの総合計は1台。

1台。

そう、たった1台。

5人の家族が1台のテレビで(何とか)間に合っている。
番組視聴もDVDもゲームも全て。


しかしそろそろ限界が出てきた。

中2・小6・小1、男2・女1という兄妹の組み合わせではテレビの取り合いがボチボチ頻発。ゲームをしたいヤツ、DVDを観たいヤツ、ドラマを観たいヤツ、それぞれが自分の権利を主張するw。

しばらく腕組みしながら傍観してた減点オヤヂが仲裁へ。
「ゲームは携帯ゲーム機でもできるだろ..。
「DVDはPCで。ヘッドフォンすれば周りも気にならないし。」
「番組は録画して観たい時に観たほうがイイよ。」

そうやって空いたテレビをオヤヂが独占する作戦というのが真相(ンなこたぁないw)。


テレビが無い部屋(要するにリビング以外w)のうち2部屋にはすでにアンテナ端子が来てるので、テレビさえ買い足せば即解決するモンダイ。

でもね、

いよいよ長男が受験生!というタイミングにテレビを買い足すのはどうかと。

悩むんです、これが。


『いつ買うの?』 『今でしょう』...というUP TO DATEなやり取りはちょっと置いといてw、まぁなんにも対策を施さないと言うのも親としてアレなんで、ちょっとだけ動いたワケです。



動いた ...と言うより置いたんだけど。
TAXAN(加賀電子)のMeoTune



良く考えると、長男と娘の携帯電話はワンセグ視聴が可能(娘のはSIMカード抜いた玩具状態)。画面の大小に拘らなけりゃテレビを見る術はあるってワケだ。

『なるほど、ワンセグか...』
と思いながら視界に入ったのが自分のiPhoneと家族用の簡易タブレット。コイツらはそもそもワンセグ受信不可だけど、やり方によっちゃアプリとWi-Fiの組み合わせでワンセグが観られたハズ。

で、色々調べた結果、経済的なバランスからMeoTuneに白羽の矢がブスリと。


使ってみた感想としては、『まぁ、ワンセグだしな。』ってカンジ。簡易タブレットの7インチ液晶で見た場合の解像度は望むべくも無いけど、iPhoneの小さな画面ならまぁまぁイケる。端末によってはメモリーが挿してあれば録画も可能(多分やらないケド)。
一方『ココがダメ』という点は、視聴の度にいちいちWi-Fi接続を切り替えなければならず、MeoTuneへWi-Fiで繋いでいる間はネットが利用できないのと、複数の端末での同時視聴が不可能....というところ。

蛇足的だけど、MeoTune本体はスマートフォンの緊急用電源にもなるらしい。



視聴にあたって本体と端末との距離は8mくらいまでOKだと言うので、電波の入りが一番良さそうな部屋の窓際に置いてみたけど、受信感度がよろしくない。自宅周辺は以前から電波関係に冷遇されている辺鄙な田舎町。街自体に好感度は全く無いんだから、せめて電波感度ぐらい改善してくれ~!と言いたい。

そこで思い出した。
『ワンセグの感度が悪けりゃ、フルセグ(地デジ)アンテナの近くへ持ってけ』ってのを。

ワンセグ携帯の自宅での映りが悪くてイライラしてた数年前、ふと閃いてテレビが繋がっている壁面アンテナ端子に近づけたところ、それまで受信すら出来なかったチャンネルがキレイに映ったので嬉しいパニック!。それを知人にちょっと自慢げに話したら『けっこうみんな知ってるよ。』と言われてショボボンとしたのも楽しい思い出(?w)。

と言うワケで、現在MeoTuneはリビングのテレビと並んで置いてある。もちろん感度は文句なし。


13セグ(フルセグ)中のたった1セグ(ワンセグ)だけれど、我が家5人のうち1人でも楽しめればイイんだけどなァ... と思うのであります。



※各記事タイトルをクリックするとコメント欄が出ます





コメントを投稿

人気の投稿