彼岸の中日はペタルをこいで

知ってる人には懐かしい記事タイトルかw




3月20日、春分の日。

祝日だからきっと家族みんなの予定は無さそうだし...


甘かったw。



次男は子供会にて“6年生を送る会”の主役として、
おやゆび姫リホはその会で送る側として、
それぞれ自治会館へ行ってしまうらしい。

長男は...
部活があったハズだ、多分w。



...ってことで、独りぼっちの減点オヤヂ


花粉だか煙霧だか黄砂だかPMナントカだかは良く知らないが、
とにかくここ数日の間でスナスナのゲホゲホ状態となった自転車
カバーを片っ端から外してバイクを磨いた(ちょっと拭いただけw

バイクを磨くとタイヤに空気を入れたくなる。
空気を入れると注油したくなる。

すると乗りたくなるのは当たり前。


あても無いままフラリと出た。
どーせ家にいても独りだし。


 ホントにあてが無かったので漕ぎながら考える...

そうだ、会社へ忘れモノを取りに行こうw。


いつもMTBで通っている片道16キロのルートをロードバイクでトレース
しただけ。大したドラマも起きずあっさりと職場へ到着。つまらんのうw。

忘れモノを回収して職場を出るときにふと思い浮かんだ。
『そう言えば、今日は彼岸の中日だっけなァ...』

味の素スタジアムちょい手前、祖父たちの墓を目的地にセットした。
                        (頭の中でのハナシです)

途中で昼食を摂りながらのんびりと漕ぎ、墓の手前で花と酒を買う。
祖父母たちへご無沙汰を詫びながら花を手向けていると....

女性の声で誰かがわたしの名を呼んでる...!!

どーした?バアちゃんか?!
久しぶりに孫が来たのが嬉しくて墓の下から声出しちゃった?
同じく墓参りに来た叔母でしたw


『ひとりで、しかも青梅から自転車で墓参りに来るなんてエラいねぇ』
と、40過ぎた甥は叔母に褒められながらお小遣いまで貰いましたwww。


思わぬ臨時収入があったので帰り道にちょっと遠回り。
多摩川沿いを西に走り、日野駅方向へ。

途中、さっき貰った小遣いでちょっと派手めな花を。

そして小遣いをくれた叔母の姉が眠る墓へ立ち寄った。

『ウン十年ぶりに小遣いもらったよ。だからちょっとお裾分けな。』


お裾分けして残った幸せは、帰宅後の居酒屋で美味しく使いましたとさw。



帰宅途中、日野の路上で初めて見た。
自転車専用レーン?


この路上ペイントを踏んづけて走り抜けた時に思い浮かんだのが...


コレです、エキサイトバイク。
踏んだら体温下がって汗も引くと便利なんだけどwww。




※各記事タイトルをクリックするとコメント欄が出ます





コメントを投稿

人気の投稿