突貫キャンプで締めてみた

『家族バラバラ感』が年を追うごとに加速してる我が家。
子ども達が小・中・高へ分かれた今年のGWはプランナー(ワタシだ)泣かせとして過去最高レベルだった。
..って言うか、新年度が始まった時点で『GWは家族で楽しく過ごそう!』...なんていう夢物語は最初から捨ててたけどw
部活へ行く者、仕事へ行く者、その合間に有給を取る者(σ(・_・;)私)
まぁイロイロあるワケですな。

で、今年も去年も一昨年もそうだったけど、5/5〜/6の2日間だけが直前ギリギリでいきなり『家族総員ヒマday』になるっていうハンパない中途半端感(←どっちなんだw)

そうなるともうジタバタしても無駄に疲れるだけ。
こういう時は昨年と同じプランに挑んで、ダメならスッパリと諦める男らしさが求められるのです。

..っつー事で、去年と同じ事してみた。
突貫キャンプ。
 去年と似たような経緯でふと思い立ち、にわかに企画した。でも去年と同じようにウマいこと行く保証はないんだけど...
キャンプ場へ『明日(5/5)なんだけど1泊出来ますか?』 って問い合わせ。
去年と同じセリフなのに声が震えてまうやろ〜!

そんでもって予約は無事完了w


バッタバタの準備なんて手慣れたもの(嘘..w)
去年の自分がイイ加減なヤツだったおかげで、
アレが足りない、コレが見つからない〜(T.T)



去年と同じキャンプ場へ、去年と同じ日に来た。
パワフルなおじさま達と1年ぶりに再会。


キャンプ場の企画〜作成〜運営まで全部やっちゃうそのパワー。
マネできないけど見習いたいもんッス。


看板犬のクゥちゃんも元気。
娘はこのコに会いたくてキャンプ場へ来たも同然。


ポツポツ降る中、次男の心強いサポートを得て特急設営完了。


■■ちょっとグチね。■■
キャンプ場のチェックインは11時チェックアウトは10時
利用者同士の入れ替えには1時間の空白がありんす。これを“フライングでチェックインOK!の時間”と捉えるか、“チェックアウトのおまけ時間”とするのか...
答えはどっちも『NO!』でしょう。キャンプ場に聞いたワケじゃないけど。単純に『11時から入れるよ・10時までには出てね』って事。合間の1時間は管理人のチェックや整備に要する時間でもあるんだし。
ウチらが使ったサイトの前利用者はとても残念な家族でした。チェックアウト時間過ぎてもダラダラやってて、次の利用者(ウチら)が目の前で荷物降ろしてるのに挨拶なんかなーんもなし。こっちのチェックイン時間が過ぎてもなお、サイトの中に置かれた向こうのクルマの周りには片付けられていない荷物がたくさん。しかもポツポツ降って来た。早くテント建てたいのにー。
ココで“仏の減点オヤヂKOZY”もさすがにキレた!どんなセリフで罵ってやろうか! ....って思ったけどチョットマテ。向こうには小さな子どもが2人。ゴールデンウィークを今日のこの瞬間まで家族で楽しく過ごして来たんだと思う。楽しかったキャンプがもうすぐ終わるっていう時、知らないオッサンから大声で『早くどけよコンニャロ!』とか言われたらどうだ?。撤収して自宅へ帰るその車中が重い空気になるかも知れない。毎年ゴールデンウィークが来る度に今日のこの件を思い出すかもしんない。キャンプの度にあのコたちは『コンニャロ』のオッサンを憎むかも新米。
..って事で『あっちの空いてるスペースへ荷物と車を移動して、積み込みはそちらでお願いしてもイイですか?』 とやんわり話しかけるコンニャロのオッサンなのでしたw
■■グチはここまでw ■■

そういう経緯もあって、今回の設営は『質よりスピード』をスローガンに。グズグズやってると昼メシはオヤツの時間になっちゃいそうなので、とにかく急ぐ。雨も降ってるし。レイアウト適当&テント類ゆるゆる..だけど、1時間半でサイト設営と火熾し完了。その気になればやれるもんだ。



予定より1時間遅れの13時30分、ようやく昼メシ。

子どもたちの食欲が止まらない。
オヤヂもビールが止まら.. いや、今回は控えめです。


今回も昨年と同じく、父・次男・娘の3人キャンプ。長男は『今回こそ参加だ!』と熱望してたけど欠席。連休明けに大事なテストがあるんだと。無念。そしてそんな長男の監視..いや、サポートするために妻NOZYも欠席。
昨年は付き合いの長い仲良し家族(..の一部)が昼過ぎに参加して来たので賑やかだったけど、今年は純粋に3人なのでチト寂しい。でも次男ユウトはキャンプ場の雰囲気とか焚き火が大好きだし、リホは看板犬クゥちゃんに会いたくて堪らなかったので、それぞれに楽しみはあって問題なし。オヤヂだけはグビグビ楽しみたいところをグッと我慢。緩いテントの増し張りとか、洗い物とか、夕飯の準備とかあるので酔いどれるワケにはイカンのです。まぁ缶ビールは握りっぱなしだったけど..w
 

この日は雨交じりで肌寒く、川に入って遊べなかった。
...川に入って遊んでますネ...(汗)




娘の名前を呼ぶコがいたので「まさか知り合いが?」と思ったら..
キャンプ場の近所に住んでるコと仲良くなったらしいw
近所に住みながら(住んでるから?)キャンプ経験は無しとの事。
テント類に入るのは初めてだったようで、ちょっと興奮してた。




ランタンが灯るとキャンプ感がググッと5割増し。


ポツポツ降ってた雨は本調子にならず、そのまま夕暮れを迎えた。
焚き火を眺めながら夕飯を楽しめただけでもラッキーだったか。


拾い集めた木をくべながら焚き火を楽しむ火の番人。
余談だけど“ひょっとこ”の語源は“火男”..って言う説も。



夕飯を食べ始めた頃、闇から来客が現れた!
昨年ココで一緒に過ごしたIG家パパさんが差し入れ持って参上。
群馬の赤城で長男のサッカー観戦のあと、関越道を途中で
降りてわざわざ秩父まで顔を出しにやって来てくれた。感謝。

差し入れのお礼に鍋と珈琲でおもてなし。
『やっぱキャンプはイイなぁ、帰りたくないなぁ』 と言いながら、
後ろ髪をひかれるようにして暗い夜道で日の出町の自宅へ。
もうちょっとウマくやればビールまで飲ませられたなァ。
寝袋だって1つ余分にあったし、テントにも余裕あったしw



冷え込んで来たらシェルターへ逃げ込んで、
鍋の残りに麺を入れて食べながらUNOとか。



子供たちをテントの寝袋に包んであげたら、
オヤヂはひとり、再び鍋の前へ。



家族全員でのキャンプってのがどんどん難しくなる一方、こんなカンジで来れる面子だけでキャンプを楽しむのが気楽でイイのかも。そう遠くないうちにオヤヂひとりだけの参加になるんだろうけどねw


【本日のMEMO】
だからキャンプの時にまな板とサラダ油は忘れがち..って言ってんじゃん!
次は絶対に忘れるなよ!
....以上、自分への備忘録でしたw


コメントを投稿

人気の投稿